私を好きでいたい

人の行動が、全て私を好きでいたいという気持ちから派生しているのだとしたら。

 

誰かへの愛も

批判も

非難も

中傷も

思いやりも

優しさも

 

ぜーんぶ私を好き!全面的に肯定したい!

という気持ちからなのかな

 

誰かへの攻撃も

誰かへの好意も

 

世の中は自分だけという説は

そういうことかも?

 

いちいち人の言葉に傷つき耳を貸す必要もないのかもねー。

 

と、ふと。